スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国営放送その4 ~収録~

収録前にお祓いがあった。
純和風の人が祝詞をあげて、和洋風の我々は頭を垂れたり上げたりした。
後ろの方にいた僕の位置から前列にいる渡辺徹さんがちらちら見えた。
わ! 背が高い! かっけー!
僕はミーハーであります!

収録が始まって、僕たち塾生は観覧席で見学した。
セットかっけー! 一回ぽっきりの収録でもこんなにしっかり作りこむのか。
どんな怪談が披露されたかは本編を見てのお楽しみということで割愛。
出演者の方々、それぞれ初対面の方も多いはずなのに和気あいあいとした雰囲気。
怪談は怖いだけでなく、優れたコミュニケーション手段としての側面もあります。

収録はテンポ良く進み、ほぼ予定時間内に終わった。
みなさん動きに無駄が無い。スムーズ。
プロの現場見させてもらいました。


つづく…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

事後承諾になりますが、僕のブログからリンクを張らせていただきました。よろしくお願いします。

Re: No title

> 事後承諾になりますが、僕のブログからリンクを張らせていただきました。よろしくお願いします。

ありがとうございます。こちらも張らせてもらいます。

No title

純和風?和洋風?
あれは神道式の神官の礼服。
狩衣といいます。

Re: No title

> 純和風?和洋風?
> あれは神道式の神官の礼服。
> 狩衣といいます。

塾長、コメントありがとうございます。
あれはあえてそう書いたのです。
プロフィール

後藤利彦

Author:後藤利彦
図書館と吹奏楽の事で頭がいっぱいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。